季節を味わうレシピ

らっきょう

旬の時期 6月

見分け方

粒が揃っていて、土がついたままのものは鮮度が保たれやすいのでおすすめです。芽が伸びているものは収穫から時間が経っているものなので避けましょう。

長持ちする保存方法

すぐに芽が出て風味が落ちてしまうので、なるべく買ってきたその日のうちに調理しましょう。

特徴

漬けものとしてよく知られる野菜ですが、この時期は生のものが出回ります。塩漬け、甘酢漬け、みそ漬けなど自家製のらっきょう漬けにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。独特の香りを持ち、そのまま刻んで薬味として使うこともできます。

おすすめレシピ

お問い合わせ

0866-22-0550
[ 受付時間 ] 9:00〜20:00(定休日除く)
お問い合わせフォーム