季節を味わうレシピ

りんご

旬の時期 11月

りんごは夏の終わりから秋にかけて成熟する果物ですが、スーパーなどでは1年中りんごを見かけますよね。これは、「CA貯蔵法」という技術でりんごを仮死状態にして長期保存しているからです。家庭で保存すると、おいしく食べられる期間はせいぜい1~2週間程度ですが、CA貯蔵法だとりんごの呼吸を抑制することで鮮度を保ったまま半年以上も保存できるのです。

見分け方

はり、ツヤがあり、重量感のあるものがおすすめです。上から見た時に軸が中心にあり、きれいな円形をしているものを選びましょう。

長持ちする保存方法

湿度を保つため、ポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存します。

特徴

ビタミンや有機酸、食物繊維など、体に有効な栄養素や成分を含んでいます。そのまま食べるのはもちろん、ジュースやサラダ、お菓子作りにも向いています。ふじ、サンふじ、紅玉、つがるなど、さまざまな品種があります。切り口が空気に触れるとポリフェノールが酸化してゆっくり褐変しますが、レモン汁や塩を加えた水にサッとくぐらせると変色を防げます。

おすすめレシピ

お問い合わせ

0866-22-0550
[ 受付時間 ] 9:00〜20:00(定休日除く)
お問い合わせフォーム